大分県大分市の社会保険労務士・行政書士・労働保険事務組合のシャローム/サトー事務所
大分県大分市の社会保険労務士・行政書士・労働保険事務組合のシャローム/サトー事務所

大分県大分市の社会保険労務士・行政書士・労働保険事務組合・給与計算のシャローム/サトー事務所

大分県大分市の社会保険労務士・行政書士・労働保険事務組合のシャローム/サトー事務所

マイナンバセミナー好評のうち終了しました。ありがとうございました。

第2回目マイナンバーセミナーを9月14日(月)午後1時30分から4時30分まで大分県トラック会館5階大会議室で開催しました。
当セミナーには70名の方が参加され、熱心に話に耳を傾けていただきました。質問もたくさん出て活発なやり取りができました。
また、大分合同新聞の記者の方から取材を受けました。近いうちに記事として取り上げられるかもしれません。

70名以上の参加がありました。大分合同新聞社の取材もありました。

70名以上の参加がありました。大分合同新聞社の取材もありました。


マイナンバーセミナー(大分県トラック協会様主催:9月9日開催))開催されました。

昨日9月9日、大分県トラック協会様主催のマイナンバーセミナーが大分県トラック会館5階大会議室において開催され、盛況のうちに終了しました。最後までご清聴いただき、皆さん有り難うございました。
また、皆さんのマイナンバー実務に関する関心が高く、最後の質問タイムには多くの質問がありました。

来週14日、月曜日には同会館で今度は弊社主催のマイナンバーセミナーを再び開催します。今のところ50名を超える申し込みを頂いています。皆さんと一緒に勉強しましょう。お待ちしていまーす!!

大分県トラック協会主催マイナンバーセミナー

大分県トラック協会主催マイナンバーセミナー


大分県トラック協会様主催のマイナンバーセミナー開催します!

私、佐藤和彦が講師で、9月9日(水)午後1時から大分県トラック協会様主催のマイナンバーセミナーを大分県トラック会館5階の大会議室で開催します。約80名の参加が見込まれています。


第2回目 無料「よくわかるマイナンバーセミナー(勉強会)」開催します!                      まだ申し込みは、間に合います。お待ちしています!

申し込み多数のため5階大会議室に変更しました。!
申し込みは、11日まで受け付けています。

第2回マイナンバーセミナー(勉強会)を次のとおり開催いたしますので多数の皆様のご参加をお待ちしています。
何時からでも都合のいい時間からご参加ください。 
第Ⅰ部は、マイナンバーの概要についてわかりやすく説明します。
第Ⅱ部ではマイナンバー制度への実務対策等を事業者の立場でガイドラインに沿って具体的に分かりやすく説明します。
また、マイナンバーの実務対応ですぐにも使える「基本方針」、「個人番号等取扱規程」その他の文書も差し上げます。
50人を超えましたので大会議室に変更しました。まだ少し余裕がありますので申し込みください。

【第2回よくわかるマイナンバーセミナー(勉強会)】無料です。
日時:2015年9月14日(月) 午後1時30分~4時30分まで
    午後1時30分~2時50分 Ⅰ部 マイナンバーの概要 
     同 2時50分~3時00分 (休憩)
     同 3時00分~4時30分 Ⅱ部 マイナンバー実務対応策
             (セミナーの終りに質問タイムを設けております。)
場所:大分市向原西1-1-27 大分県トラック会館5階(大会議室)に変更しました
講師:特定社会保険労務士・ISO情報セキュリティマネジメントシステム審査員補
    佐藤和彦       
申込方法:①弊社ホームぺージお問い合わせフォームより、②FAX、③電話、
       ④メールアドレス(himawari@shalom.co.jp)
申込期限:9月11日(金) 会場の都合がありますので出来るだけお早めにお申し込み下さると
       ありがたいです。
その他:お客様以外でもご自由にご参加いただけます。 


第1回目マイナンバー勉強会(セミナー)を開催しました!

 弊社のお客様向けに第1回目のマイナンバー勉強会(セミナー)を開催しました。
勉強会(セミナー)の案内は、Faxを1回流しただけでしたが、33名の申込があり、トラック会館3階の中会議室の許容一杯になったので今回はここで閉め切らせていただきました。皆さんの関心の高さを感じました。

第1回目マイナンバー勉強会を開催しました/大分県の社会保険労務士事務所・シャローム 第1回目マイナンバー勉強会を開催しました/大分県の社会保険労務士事務所・シャローム
(大分県トラック会館にて)

 マイナンバーの勉強会(セミナー)は今回が初めてでしたので、資料を集め過ぎて私の頭の中で十分に消化出来ておらず説明すべき事柄をうまく伝えきれていなかったかもしれません。2時間半の予定で、なんとかマイナンバーの概要はお伝えすることができたのではないかと思いますが、肝心の実務対応策の話は時間が足りなくなり駆け足で話してしまい、申しわけありませんでした。

 これからも引き続きマイナンバー勉強会(セミナー)を何回か開催をする予定です。日程が決まりましたらあらためてご案内を致します。その際は、取扱実務を中心により具体的な話をしていきたいと思いますので時間の調整がつく方は是非ご参加ください。

 ITベンダーさん主催のマイナンバーセミナーが盛んに開催されていますがITベンダーさんのセミナーではビジネスチャンスとしてマイナンバーのセキュリティ対応策について様々なセキュリティソフトや機器の売り込み等に力を入れているようで、多少煽り気味のところが見受けられます。しかし、マイナンバー制度が始まるからと言って何か特段のことをしないといけないということでもありません。そんなにあわてることはありません。まずはマイナンバーに関する正しい情報の収集と、自社の状況をよく考えて何が必要か、何をすればいいのかよく見極めて落ち着いて対応をして頂ければいいと思います。

 とりあえず8~9月中に従業員さんにマイナンバーについての簡単な説明(会)をすることから始めて下さい。ご不明な点はどんなことでもお気軽におたずねください。お手伝いをしますのでお声掛けをしてください。(マイナンバーコンサルタント佐藤和彦)


裁判所から社員の給与差押命令書が届いたら?

社員の給与差押命令書が裁判所から送られてきた場合、会社としてはどのように対応すればよいでしょうか? 

銀行や消費者金融等の貸金業者は、債務者の返済が滞っている場合に、給与の差押えという法的手段を用いることで債権の回収を図ります。裁判所から社員の給与差押命令書を受け取った会社は、給与をそのままを社員に支払うことができなくなります。                              

 法務省では、このような場合の会社がしなければならない手続きを 動画サイト「YouTube」で解説をしています。

供託制度など、普段なじみがない制度ですが、具体的な事例をドラマで解説していますので、とても分かりやすく勉強になりますので、ぜひご覧になってください。

動画はこちらをクリックしてください

多重債務問題に関しては、あくまでプライベートな問題なので、会社が介入するにも限界がありますが、この差押命令書が届いたことだけを理由にして解雇やその他の労働条件を引き下げるようなことはしてはいけません。また、金策に走りまわるため遅刻や欠勤をしたり、同僚からも借金をしたりなど業務に支障をきたさないように 気を配る必要があります。


2011 年 11 月 14 日 | カテゴリー: サトー社会保険労務士事務所からのお知らせ

「第4回個別労働紛争自主解決解決セミナー」(労働局主催)のお知らせ


労働基準監督官の仕事

みなさんは、労働基準監督官がどんな仕事をされているか御存知ですか?

主として定期監督、申告監督、災害時監督・災害調査、再監督、捜査、調査、集団指導などの業務を行っています。

  • 定期監督とは 1年間あるいは複数年間にわたる監督対象事業場のリストを作成して、計画的に事務所・工場・建設工事現場などを原則として予告なしに突然訪問し、労働基準関係法令の遵守状況を確認し、法令違反があった場合は是正勧告を行います。
  • 申告監督とは、労働者からサービス残業解雇手続・賃金不払・労災隠しなどの労働基準法、労働安全衛生法、最低賃金法などの所管する法律の法違反のみに対する被害の救済を求める申告があった場合に行います。
  • 災害時監督・災害調査とは、労働災害が発生した場合に行われ、災害原因の究明と再発防止指導を主として行うが、労働基準関係法令の遵守状況は災害の発生と強い関連があると思われる場合には確認し、法令違反があった場合は是正勧告を行う。
  • 再監督とは、是正勧告した法令違反の是正状況を確認します。
  • 調査とは、未払賃金の立替払手続における確認・認定、関係法令に基づく許可・認可等の実地調査を行います。
  • 集団指導とは、多数の事業場を一度に呼び出して、労働基準関係法令の遵守、労働災害発生の防止などについて説明をします。

以上が主な仕事内容ですが、その裏側についてはあまり知られていません。
今回は、その労働基準監督官の活躍を描いたマンガを紹介します。
第1話がサイトで公開されていますので、ぜひ下の画像をクリックしてご覧になってください。

dandarin2


2011 年 11 月 2 日 | カテゴリー: サトー社会保険労務士事務所からのお知らせ

賃金不払残業(サービス残業)などの情報提供を24時間受付開始

1 労働基準監督署が労働時間や賃金の問題について監督指導すべき事業場を的確に把握し、適切な指導を行うためには、労働者やご家族の方などから多くの情報を得ることが大変重要になっています。このため、厚生労働省では24時間受付が可能なメール窓口(「労働基準関係情報メール窓口」)を設けます。

2 「労働基準関係情報メール窓口」では、職場での長時間労働、賃金不払残業(サービス残業)をはじめとする労働基準法などに関係する問題がある場合に、電子メールで情報を受け付けます。受け付けた情報は、関係する労働基準監督署へ情報提供し、監督指導業務の参考として、役立てます。

3 また、厚生労働省では、11月を「労働時間適正化キャンペーン」期間とし、長時間労働やこれに伴う問題を解消するための取り組みを集中的に実施しますが、これに合わせて、「労働基準関係情報メール窓口」で職場の労働時間に関する情報を重点的に受け付けます。

me-ru


「ねんきんネット」で年金見込額試算が可能になりました

ねんきんネットについて

厚生労働省動画チャンネル(YouTube)『「ねんきんネット」のご紹介』で本サービス内容やご利用登録方法をご紹介しております。

YouTube『「ねんきんネット」のご紹介』はこちら